有安杏果

DIGITAL SINGLE

サクラトーン/虹む涙

2020.3.4 RELEASE!

ストリーミング&ダウンロード配信スタート!

「ここから誰も歩いたことない道へ」
「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」

舗装されてない道を自分の足で歩んでいくことを決めた強い意志と
周りの人の幸せを願う気持ちを込めた2曲

MOVIE

LYRIC

クリックタップで拡大いただけます

RELEASE

サクラトーン
「サクラトーン」

Band Member

Bass,Arrange:山口寛雄

Guitar:福原将宜

Drums:玉田豊夢

Piano:宮崎裕介

虹む涙
「虹む涙」

Band Member

Bass,Arrange:山口寛雄

Guitar:福原将宜

Drums:玉田豊夢

Piano:宮崎裕介

Cello:原口梓

IMPRESSIONS

  • サクラトーン
  • 虹む涙
    • 今年の春は、、、
      今年はお花見など咲き誇る桜を楽しむことはあまりできない毎日でしたが、その分この『サクラトーン』を聴きながら、心の中のサクラに春を感じてすごしました。 季節は変わっても、一歩踏み出して新しい自分に変えていくチカラを、変わることなくこの歌からたくさんもらい続けています。
      モモカノハイゴッグ さん
    • 真剣勝負
      ギリギリになってようやく投稿(ごめんなさい) 何書こうか悩んでるうちに時が過ぎ去ってました。 じっくり考えた末に思った事は、思いが詰まった一曲ってこと。自分の置かれている立場や今思っていることを率直に、でもサクラという日本人にとって最も大切にしている花と重ねているセンスは、杏果さんらしいなって思いました。 きっと一杯気持ちがこもっているんだろうなって。 今時の曲のような恋愛ソングでもなく、誰もが聴いていてスッと入ってくる曲ではないかもしれないけど、自分の気持ちと今出来ることを全力で注ぎ込んだ曲ってところに「真剣勝負」を感じました。 こういう曲を作れて、しっかり歌ってくれるのは、杏果さんの強みだと思います。
      槍(やり) さん
    • 1年待ったサクラトーン♪
      自分は去年のサクライブは落選で聴けなかったので、ホント待ちに待ったサクラトーン、配信されてから毎日聴いてます♪ 杏果さんの決意が込めらた歌詞が素晴らしい! 優しいんだけど、力強い杏果さんの歌がいい! 何回でも聴いてられる素敵な曲だよな~ 満開の桜の下で聴いたサクラトーン最高です♪ 夏のサクライブで聴けるのを楽しみにしてます!
      ノススメ♪ さん
    • さくら咲く
      素敵な曲ですね🎶 1年前の大阪のライブ、杏果ちゃんの素晴らしさを思い出しました💕 通勤途中にあるお気に入りの桜並木、開花が始まりました🌸
      青色列車銀河特急 さん
    • サクラトーンを聴きながら......
      桜で季節を感じ 今この時を感じます。 私にとって3月は自分の誕生月ではあるけれど 大切な人たちとの別れの月でもあります。 ザワザワしたココロを桜の木々が癒してくれる 芽吹きから葉桜に変わるまでの一ヶ月ほどの間。 そんなことを想いながら サクラトーン を聴いています。 ひらり・ひら ちりぬるはなを まといしも かぜとながるる はなもおもいも...... 追記 :くちびるが難しいのよ うーん なの。
      うふふっ! さん
    • いいことおこりますように。
      桜が大分咲いたと思ったら、今日は雪になりました。 サクラトーン、有安さんの歌声の楽器化を凄く感じました。 リズムを刻み、歌詞を奏でる歌声が、勇気をくれます。 「明日の準備は今日しかない」の所が有安さんらしくて好きですね。 歌っている有安さんの姿が大好きなので、MVも毎日観させてもらってます。
      ふらいはい さん
    • 季節感
      昨年テレ朝チャンネルの録画放送を見てからずっと気になっていたので、初めて聴けるようになったときの感激もひとしおでした。今まではライブで初出し即公開(あるいは逆)というリリースパターンに慣れすぎて、新曲が出たら検索すればその音源がすぐに出てくるのが当たり前みたいになっているところもあったので、こういう感じで春の曲は春に出そうといった具合に、あえていったん寝かせてから季節を感じながらやっていくのもアナログ的で面白いなと思いました。 個人的なことですが、自分も3月生まれで、またここ最近2018年・19年と有安杏果さんの活動形態が大きく変わるのとほぼ同じタイミングで自分も引っ越したり職場を変わったりと大きな環境の変化を経験してきただけに、すごく共感して励まされるところが大きいです。誕生日や誕生月というのは年齢が1つ増えるというだけでなんだか空気が変わるというか、気持ちを切り替えて新しい一歩を踏み出そうという雰囲気にあふれています。そこに年度の切り替わりというのも加わり、次の舞台に向けて背中を押してくれる曲です。 この曲の杏果さんらしくて好きなところは、自分の中に弱い虫がいるのを見つめながら、それを遠くへ飛んでいけ~と送り出して力強く歩いて行こうという気持ちが歌われているところで、穏やかに勇気づけてくれるという独特な感触です。 他にも2番には1番になかった間奏が入ったり、ハービーさんも言われていたように最後に転調したり(転調した瞬間の、体がむずっとする感じがなんか好き)と、曲の中での変化も楽しいです。あとはサクライブ2019の逆再生メロデーの「みんなにいいこと起こりますように」というところの振りも好きですね。
      ももみとら さん
    • 誰も歩いたことない道
      サクライブすタジオRH トレーラーの5:56~あたりで「誰も歩いたことない道へ~」って言ってるのが、こんな歌詞あったかなあってずっと悩んでました(>Θ<;)
      MMPW0178 さん
    • 『ヒカリの声』
      大阪の写真展の展示では色々な大きさの写真と共に、杏果ちゃんの曲の歌詞が展示されていましたね。 その時、大きな波の写真(写真集『ヒカリの声』の表紙に使われている写真)の隣に「自分らしさリズムに乗ろうとしている」という歌詞がありました。 その時は「すごく杏果ちゃんらしいフレーズだけど、何の曲だろう?」と不思議に思っていました。 そのまま忘れていたのですが、最近サクラトーンの歌詞の中にそのフレーズを見つけて「おお!新曲の歌詞だったんだ!」と嬉しくなりました。 それからまた『ヒカリの声』を開いて写真と共にサクラトーンと虹む涙の歌詞を見ては、ほっこりしています。 今、あの大阪の写真展の展示を再び見たら、きっと去年見つけられなかった新しい発見が出来そうです。 (もう一度あの展示を見たいなーーー!)
      kazami さん
    • おめでとう!
      お誕生日おめでとうございます。 自分は家族の介護があってソロアーティストになってからの有安さんのライブに行けてないんだけどグッズは買って参加した気になってますよ。 25歳の有安さんも変わらず応援してます♪
      Bruno さん
    next
    • 何にも似ていない
      サクラトーンに引き続いて、虹む涙についても、ギリギリで。 第一印象は、聴いたことない、こんな曲ってこと。 今世間にある曲は何らか似た曲があると思うんです。でもこの曲は何にも似てない。 音楽を沢山聴かれているであろう、杏果さんにとって、聴いたことない曲を作るって凄く難しいと思うんです。 どうしてもどこかで聴いたメロディ、好きなメロディに寄っていってしまうことがあるんじゃないかって。 少なくとも僕の聴く限り、全く新しいメロディだったと思います。 ソロになって、どんな歌を作っていけばいいんだろう?ってきっと杏果さんは思っていると思うんです。 でも今僕らに届けてくれている歌は、素晴らしいと思ってます。 杏果さんの武器は、その歌声。 僕はその声に魅了されたのがスタート。もちろん、杏果さんの生き様も素晴らしいけど、その声は誰にも真似出来ない、世界に一つしかない楽器。 そこにオリジナルの曲を組み合わせると素晴らしさが増してくると思います。 これからも色んな曲にチャレンジして、ますます新しい杏果さんに期待しています。
      槍(やり) さん
    • Nijimu namida♪
      先ずは「虹む涙」というタイトルが秀逸! 涙を集めて虹を作るって発想凄すぎるよ! 弾き語りもポプステのもよかったけど、チェロが効果的で更に素敵な曲になったよね! でも何といっても杏果さんのエモーショナルの歌めっちゃ凄い! 曲をコンパクトに仕上げることにも成功してるし、ホントいい曲♪ 進化した「虹む涙」ライブで聴ける日を楽しみにしてます!
      ノススメ♪ さん
    • 毎日聴いてます!
      昨年のツアーで聴いてましたが、完成品として届けてくれて、良かったです。 前半気持ちを溜めて、「みんなの雫 」から演奏と一緒に盛り上げていく感じ、大好きですねえ。 次のツアーでも聴いてみたいです。
      ふらいはい さん
    • 雫搾り出すヒカリの世界
      『虹む涙』はまるでトンネルから抜け出したヒカリの声のように始まり、そこから綴られていく歌声はまるで日記に記した無垢な気持ちのようだ。こころのなかを“時の電車”は通過していく。穏やかなトーンだけど新しい靴は汚れるし、窓に映る自分は他人のように目をそらすし、いいことは全然ない感じだ。でもメロディは大切な雫が溢れるように時の重さをつくり、日常の君をどこか違うとこへ運んでいく。ちょっと頼りない感じでちゃんと歩いてる君の水滴のような歌声が素敵...ィィ←aikoさんの真似(笑) 有安さんの歌は移動する。『サクラトーン』だってそうさ。あの歌は桜がひらひらと舞うメロディーの続きさ。歌は君が歩いてく姿を真正面に見て進んでいる感じだ。1ミリずつ歩幅を大きくしていくうちに君の背後にある“帰らない場所”はみるみるうちに小さくなっていく。 ボブ・ディランは自伝で“歌は夢に似ていて、人はそれを実現させようと努力をする。行かなければならない未知の国のようでもある。動いていることが助けになる”って言ってる。 『虹む涙』も移動していく。時間は川の流れのようであり、電車は君を運んでいき、改札はいつもと違って、いろいろあっても小さな屋根の下では、ほら花が咲いて君を待っている。モモちゃんは“人に笑われてもいいんだいいんだ。らしくらしく”と自分に言い聞かせながら、経験則的な小さな論証でもって歌って知るんだ。 “空は何にも知らないふりしてるけど、高層ビルよりも高いとこから ちゃんと全部見てる” 小さな物語を紡いで答えを導き出す健気な展開が愛おしい...ィィ 『虹む涙』が凄いのは、ここから君の歌声は君のいた世界の水滴をことごとく集めて感情を集約していくんだ。 ♪ みんなの雫〜この手のひらに〜 集めて、集めて、虹む涙〜 君が集めたすべての水滴が歌声に変わって、生命を振り搾るような勢いで、力強い女性的なトーンが生まれる。君の創った小さな海に太陽が昇り、その圧倒的な想いに僕は思わず振り返る。その眩いヒカリに手をかざしながら、光の中に僕自身が吸収される。それはどこまでも心地よくて愛おしくて優しいんだ。 モモちゃんが涙のあと、ヒカリの声で、虹のある小さな世界を創ったんだよ。 もう長くなるから感想をまとめるよ。 ハッピーバースデー🌈 5
      CoolH&ブルース さん
    • 今日は杏果の誕生日♪
      杏果誕生日おめでとう♪いつも素敵な歌と声と笑顔を届けてくれてありがと‼️ 早くライブで杏果に会いたい♪その時まで首長くして待ってるね‼️ 素敵な1年になりますように♪
      かず0622 さん
    • お誕生日おめでとう
      実はわたし普段コメントしない人なんですが、、 今日ばかりはしない訳にはいかないですね。 改めまして「お誕生日おめでとう」 ステキな25歳を過ごせますよーに。 そして、 いつになってもライブで逢える日を 楽しみに待っています。 ※この写真大好きなフレブル飼いより
      kururi さん
    • 奇跡
      今日3.11。 いろいろ考えてしまって 気分が落ち込んでましたが、 良いネットニュースが。。 こんなことってあるんですね〜(^Θ^) 被災地に希望の虹🌈 癒されました。 #虹む涙
      うみ☆★♪ さん
    • 今だからこそのカタチ。
      序盤のピアノが印象的な部分は 復帰第一弾となったサクライブ2019の感じ サビ前からのロックっぽさは ポプステでのバンドアレンジした感じ そこにチェロの音色が加わり グッとあたたかく 1年前でも、去年の夏でもなく 今だからこそのカタチ 無駄なことなんて一つもなく すべてが合わさって完成した「虹む涙」 有安杏果のoverture 何度聴いても ほろりと優しい涙がこぼれます。
      みどりのK さん
    • 虹む涙
      杏果の世界、杏果の気持ちが杏果の歌声で心に染み渡ります。杏果らしくこれからも、歌を沢山届けてくださいね。いつまでも応援するからね
      長崎の輝(てる)くん さん
    • シングルリリース嬉しいよ
      虹む涙リリースおめでとうございます。 やりましたねぇ! 初試聴のときは生まれたての小鹿のようで。まだやっと立ち上がったばかりだったけれど、時が経ち今ではしっかり地に足がついて駆け回るくらい力強さ感じます。 なにより私が杏果さんの歌唱で大好きな低音が堪能できる。しっかりした低音の粒に若干のスモークさに切なさを感じ、でもボイトレの効果かしっとりとした湿度もある。 いいわぁ。 この低音があるからこそ高さのクリア感が引き立つし、なによりも低音がしっかりしてるからアートワークの地面が自分の足で歩いて見た景色を連想させグッときます。 虹む涙を聴いてると杏果さんの意志で歩いた現実の道から見える景色や風を自分の価値観を話してくれている感じかして楽しいです。 虹は雨のあとに出るものですから雨がネガティブだとしたらネガティブも見方を変えればポジティブにも感じるし、虹はいろんな色んな集まっているから多様性の面白さ感じるしとか妄想はかどります。 私にとって虹む涙はかなり想像力くすぐられる興味深い曲なのです。 杏果さんの感性、実に興味深いですわ。
      キリン と キリン さん
    next